CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2011 >>
ARCHIVES
<< 創造的組織の資質(8)創造神-7 トリックスター神 間違いからの創造 | main | 創造的組織の資質(10)創造神-9 農耕的創造神 日本の八百万神 >>
創造的組織の資質(9)創造神-8 荘厳な創造神 ギリシャ神話の神々
天体現象について多くがわかってきた現代でも、われわれは夜空を眺めたときに宇宙の崇高なる深遠さに心打たれる。おそらく少なくとも一万年も昔から、人々は、日々に変わる星空に大いに興味を抱いた。石器時代末期には洞窟に星座が刻まれるようになった。

こうした思いをもってイノベーションに向かう組織もある。たとえばNASAなどはその典型だ。宇宙開発関連の業務は、ただ他のビジネスのように、与えられた業務をこなすだけでは成功しない。それはアポロ(光明、医術、弓術、詩歌、音楽、預言、家畜の神)、ジェミニ(双子座)、カリプソ(ホメロスの『オデュッセイア』に登場する女神、アトラスとプレイオネの娘)、ユリシーズ(オデュッセウスのラテン名)などのギリシャ神話や星座、物語にちなんだミッション・ネームからも伺える。

東京・武蔵野にある三鷹光器という会社は社員三〇人、木造二階建ての小さな町工場だが、NASAのスペースシャトル用特殊モニターカメラの技術、脳神経外科手術用の顕微鏡など最先端の光学技術でその筋でよく知られている。

三鷹光器の採用試験では、受験者に竹ひごと紙の模型のグライダーを作らせる。三〇m飛ばさないと、どんなにいい大学を出ていても不合格である。また昼食に魚料理を食べさせどのような箸さばき、骨の残し方を見るという試験もある。この二つは三鷹光器の知の基準を示している。つまり、模型飛行機を作り、それを三〇m飛ばすためには、自然科学と工学の知識、加えて風の状態などを読むための気象・天候の知識、さらに運が必要になる。同社では、精密測定に測定器を用いず、夜空の恒星を基準点として用いるという。彼らの技術の原点は天文学にある。

ギリシャ神話の神々は、天の川に連なる荘厳の世界である。それは、人間のスケールをはるかに超えた、銀河や恒星、惑星に彩られる崇高な創造の物語である。その知やインスピレーションは天空から降りてくる。古代ギリシャはプトレマイオスによる天動説によって天文学の最高峰を極めた時代でもあった。

ギリシャ神話の頂点は、天界の主にしてオリンポスの支配者ゼウスである。ゼウスはさまざまな女神や人間の女と交わって多くの父となった。アレス、エイレイテイア、ヘベ、ヘファイストス、アテネ、ホーラ、モイラ、カリス、ペルセフォネ、アポロンとアルテミス、アフロディテ、ディオニソス、アルカス、ミノス、アルゴス、ペルセウス、ヘレネ、ダルダノス、ヘラクレス、ヘルメスらの父である。

これだけみれば豊穣を生み出す好色な男性神だが、その本質は創造の光を発する太陽神である。創造の光は宇宙からトップダウンで降りてくる。ゼウスはその正体を明かすときがあった。ディオニソスの母、人に化けたゼウスの愛人セメレは人間だった。ある日、老婆に化けたゼウスの正妻ヘラはセメレをそそのかし、もしゼウスが本物なら何か証拠を見せてもらえという。セメレはゼウスに「天上の光」を見せて欲しいと願う。かくして光輝をまとってみせたゼウスだが、その光で人間としての彼女の身体は灰となって消えてしまった。(『ギリシア・ローマ神話』)



大英博物館のアテネ神殿。アテネは都市国家アテナイの守護神であり、ゼウスの頭から武装した姿のまま生まれた。彼女は知性、技術、戦いをつかさどる。 (Photo by Noboru Konno)
| - | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.knowledgeinnovation.org/trackback/71851
トラックバック