CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2009 >>
ARCHIVES
「ポスト・リーマン」の知識経営(2)


今年5月、FRBのバーナンキ議長はボストン法科大学の卒業式でスピーチを行った。これは物議は醸した。以下はその焦点部分の抜粋である。

「エコノミスト、そして政策立案者として、これまで私は未来予測に関する多くの経験を積んできました。なぜなら、政策決定において、政策の選択肢がどのように未来の経済の方向性に影響を及ぼすかを予測することは避けられないものであるからです。それゆえ、連邦準備局では経済予測に多くの資源を投入しています。同様に、個人投資家や企業は経済発展の予測を行うことに強い経済的インセンティブを持っています。しかし、残念なことに、その経済予測は惨憺たる結果となることが多いのです。
「天気予報と同様に、経済予測には非常に複雑なシステムを扱うことになります。このシステムはランダムショックを受け、かつ私達が入手できるデータとその理解は常に不完全なのです。ある意味において、経済予測は天気予報より難しいと言えるでしょう。なぜなら経済とは、物理の法則に従って行動する分子の塊ではなく、自分自身で未来について考え、そして自身や他人が立てた予測に影響を受けて行動が変わる人間によって構成されているからです。
「確かに、未来について何らかの洞察を得るために、これまでにみられた関係や規則性は天気予報と同様に経済予測の助けにはなるでしょう。しかし、これらの予測は相当な注意と健全な懐疑心をもって使われなければならないのです。」(原智恵子氏の訳による)

つまり、従来経済学のルート・メタファーであった物理学や数学の限界、いわば決定論的世界観の限界をバーナンキは率直に語ったといえる。どういうことだろうか?
結局、人間の創造性を理解しなければ何もできない、「創造経済」の到来である。そこでは創造的組織、すなわち知識ベース組織に基づく経営が不可欠の課題となるのである。


| - | 10:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
「ポスト・リーマン」の知識経営(1)


ピーター・ドラッカーは20年前(1988年)、これからの典型的なビジネスは、知識に基づくものになるだろうと指摘した。

その後、ますます世界は知識経済化をすすめていったが、80年代〜90年代を通じては、依然それまでの工業型経済、それに基づく市場経済が主流だった。つまりモノの生産と流通、そのための投資や消費をベースとする資本主義の時代だった。リーマン・ショックのパタンとは、それまでの典型的な、レバレッジ思考だった。つまり実体以上の需要を想定し、さらにその上に屋上屋を架すようにして投機が行われていった。

ドラッカーの予言は2000年以降明らかになってきた。いま、企業はますます有形資産(工場や機械)ではなく、知識に依存してきている。求められるのは知識に基づく資本主義だ。

ドラッカーは、知識ベースビジネスでは、ナレッジワーカーが自らの方向性や能力を組織や顧客との相互作用から導きだすゆえに、組織は情報ネットワークを基本として形成されるべきだ、と言った。こういった流れの中で企業自体の形態も変わろうとしている。知識をてがかりに経営を考える、それが知識経営の目的だ。

| - | 10:21 | comments(0) | trackbacks(1) |